カジノ世界最大のサンズが日本事務所開設へ


いままでも水面下では相当な動きがありましたが、いよいよ本格的な動きになってきましたね。最高経営責任者(CEO)が「1兆円の投資も辞さない。孫正義社長のようなリスクテイカーと組みたい。」だってサンズが日本進出のために事務所を開設し、人材を採用しだしたら、どんどん世の中の人達の目に留まるようになりますよ。カジノ関連のビジネスは今後ますます注目されますね。

その中で個人で絡んでいけるモノはAEアフィリエイトオンリーだから、AEアフィリエイトは大ブレークするよ(^^)/

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N1HIAC6K50XT01.html
ブルームバーグ:2月24日

世界最大のカジノ運営企業ラスベガス・サンズ は日本進出のために事務所を開設し、人材を採用する。
100億ドル(約1兆円)を投資する用意があることも明らかにした。
来日中のシェルドン・アデルソン最高経営責任者(CEO)が都内の会見で述べた。

同氏は日本国内で東京と大阪でのカジノリゾート建設に関心があると述べ、100億ドルの投資も辞さないとした。
日本での提携先は「リスクテーカーがいい」として、カジノに関心があるかは知らないと断ったうえで、ソフトバンクの孫正義社長を一例として語った。

カジノは現在日本国内で違法だが、東京が2020年夏季五輪の開催都市に決定したことを受け、急速に法制化の期待が高まっている。

自民党などの国会議員有志は昨年12月、カジノ解禁を含めた特定複合観光施設(IR)を整備するための法案を国会に提出。
自民党の細田博之幹事長代行は12月の時点で、春先から法案が審議入りし、現在の通常国会で法案通過を目指すと述べている。
細田氏は超党派の「国際観光産業振興議員連盟」(IR議連、通称:カジノ議連)の会長。

アデルソンCEOは日本国内で東京や大阪への関心を示した一方、沖縄など小規模な都市への進出は想定していないと述べた。

クレディ・スイス証券の市川眞一チーフ・マーケット・ストラテジストは今月21日付のリポートで、カジノの国内候補地として東京、大阪、沖縄を挙げていた。

 

カジノ世界最大サンズ:日本事務所開設へ、1兆円投資も視野の画像1

 

カジノ世界最大サンズ:日本事務所開設へ、1兆円投資も視野の画像2