カナダで数百人にコーヒーをおごる「事件」相次ぐ

images (13)カナダのテレビ局CTVによると、最初に起きたのは22日、アルバータ州エドモントンで起きた。20代の男性がコーヒーとドーナッツを買った後、店員に自分の後に注文されたLサイズのコーヒー500杯分の代金を自分のデビットカードから支払うよう頼んだという。

(CNN) カナダのドーナツチェーン「ティム・ホートンズ」で、客が自分の後に来店した500人以上にコーヒーをおごるという「事件」が今週、少なくとも6件起きていたことが複数の報道で明らかになった。
同店の店長は「(その客は)自分の幸せを人に分けてあげたいと思ったか、宝くじにでも当たった

51ZCyv7cP4L._SL500_AA300_

のだろう」と語った。

カナダ放送協会(CBC)によると、この後、カルガリーやオタワなど複数の都市で同様の出来事が5件発生したという。

このうち、最後にコーヒーを大量に購入した人物が名乗り出た。

モニカ・カバナフさんは25日、エドモントンの病院内にあるティム・ホートンズで800杯のコーヒーを購入した。カバナフさんはCBCのインタビューで「懸命に父親の面倒を見てくれた病院スタッフにささやかな恩返しがしたかった」と語った。

この店では同日、カバナフさんの前に別の人物が500杯のコーヒーを購入していた。

この一連の出来事は、ティム・ホートンズの売り上げに貢献しただけでなく、大きな宣伝にもなったが、同社は、これはあくまで偶然の出来事で、宣伝効果を狙った演出ではないとしている。

201305141747499836

9億台のAndroid端末に影響する脆弱性、悪用攻撃を初確認

正規のAndroidアプリを改ざんできてしまう脆弱性を悪用した攻撃が中国で見つかった。セキュリティアプリの機能も無効化してしまうという。

シマンテックは7月23日、ほぼ全てのAndroid端末が影響を受けるとされる脆弱性を突いた攻撃を初めて確認したと報告した。正規アプリの改ざんに加えてセキュリティアプリも無効化してしまうといい、類似攻撃の拡大に警鐘を鳴らしている。

この脆弱性は米Bluebox Securityが公表したもので、正規アプリを証明するための暗号化署名に手を加えることなく、アプリケーションパッケージ(APK)のコードを改ざんできてしまうというもの。しかも、この改ざんはアプリストアにも、端末にも、エンドユーザーにも気づかれることはないとしている。Bluebox Securityは、27日から米国で開催されるセキュリティカンファレンスで詳細説明をする予定だっ

シマンテックが発見した改ざんアプリsymantec01

シマンテックは、この脆弱性を悪用した2種類の正規アプリを中国のアプリストアで発見。このアプリは病院の検索や予約ができるものだが、攻撃者は元のアプリを改変して新しいclasses.dexファイルとマニフェストファイルを追加し、端末の遠隔操作、IMEIや電話番号などの情報搾取、プレミアムSMSメッセージの送信などをできるように改ざんしていた。

さらに、中国製のモバイルセキュリティアプリがインストールされている場合に、ルートコマンドでこれらのアプリを無効化してしまうという。

シマンテックは同社のセキュリティアプリで、改ざんされたアプリを「Android.Skullkey」として検出できるようにした。今後もこの脆弱性を悪用する攻撃が続くとしており、「信頼できるアプリマーケットからアプリをダウンロードするようにしてほしい」と呼びかけている。

 

雑誌広告でも音が鳴る!? ポカリスエットのiPad連動型広告がすごい

紙でできた“レコード”なのにiPadに乗せると自動的に音楽が演奏され、広告ページの裏側にiPadを入れると2分42秒の光のアートが楽しめる。

大塚製薬が音楽ファンのための特別企画として、雑誌で展開しているスポーツドリンク「ポカリスエット」の広告。iPadや特殊なインクを使うことで、これまでにない体験ができると注目を集めている。

7月20日に発売された雑誌『Switch』(2013年8月号)に掲載したのは、手が触れていないのに音が鳴るという世界初のデジタル雑誌広告「POCARI MUSIC PLAYER」。Switchには3枚のレコードを模した紙が収録されている。iPadで特設サイトにアクセスすると出現する“ターンテーブル”に乗せると、7月26~28日に開催される「FUJI ROCK FESTIVAL ’13」に出演するアーティストの楽曲が自動再生されるのだ。この不思議な仕掛け、人間の目には見えない形で印刷された「静電インク」がタッチパネルと反応しているのだとか。

do_pocari01do_pocari02
POCARI MUSIC PLAYER。
収録しているのは実力派ポストロックバンド「LITE」の『bond』、ルーズサウンドが魅力な「光風&GREEN MASSIVE」の『櫻』、雑草系ヒップホップ&ラッパー4人組「STERUSS」の『go city blues』だ

また、8月1日に発売される雑誌『BRUTUS』(2013年8月15日号)では、広告ページの裏側に入れたiPadが光ることで、誌面にプロジェクションマッピングのような視覚効果が得られる「POCARI SWEAT EFFECT」を展開する。こちらは国内初となるリアプロジェクション型雑誌広告となる。「乾燥した世界がうるおっていく」というポカリスエットの世界観を2分42秒の映像で表現する、デジタルとアナログが融合した新しいアートといえるだろう。

do_pocari03do_pocari04
POCARI SWEAT EFFECT。
2分42秒のCG映像を手掛けたのは、2012年12月に東京駅を使ったプロジェクションマッピングを演出したネイキッドだ

生命保険にも「価格破壊」の波 ネット専業など台頭、横並び意識崩れる

命保険商品の価格競争が激しくなってきた。保険料の安さをアピールしてインターネット専業の生保や損害保険会社傘下の生保がシェアを伸ばしているため、大手生保も対抗して保険料を引き下げたり、保険料の安い商品を発売して値ごろ感を打ち出し、顧客の囲い込みを急ぐ。想定する運用利回り(予定利率)の目安となる「標準利率」が今春引き下げられたことで、保険料の引き上げが想定された中、逆に引き下げた一部の大手生保が契約数を伸ばしたことも刺激となり、横並び意識が強かった生保業界に嵐が巻き起こりつつある。

 医療保険最大手のアメリカンファミリー生命保険(アフラック)は8月19日から、主力の医療保険「EVER(エバー)」シリーズの保険料を1.9~24.8%引き下げる。30歳の契約者の標準的なプランの場合で毎月の保険料は男性が1500円、女性は1800円程度になるという。

 発売から10年を超えるEVERシリーズの契約件数はピーク時に年間70万件以上だったが、足元は50万件超に鈍化。さらに、近年増えている複数の生保の保険商品を扱う来店型店舗では「保険料が他社より高いと、販売スタッフが顧客に提案する商品の候補にもならない」(同社)と危機感は強く、引き下げ幅が過去最大となる保険料の見直しで反転攻勢に出る構えだ。

 生保各社は死亡や入院、手術といった保険事故の発生率を事前に想定した上で保険料を設定しているが、実際の発生率は想定より低く、その差で収益を生み出している。アフラックは蓄積した顧客データを分析して入院や手術の想定発生率を見直し、水準を抑えながらも利益を確保するめどをつけた上で、保険料引き下げに踏み切った。

 歴史的な低金利を受けて金融庁が昨秋、保険料を決める際の基準となる標準利率を年1.5%から1.0%に引き下げることを決めたため、今年4月以降、収益確保に向けて各社の保険料は上がると見込まれていた。

 だが、最大手の日本生命保険が大半の商品で保険料を据え置いたほか、主力商品を最大10.8%引き下げた太陽生命保険は足元の契約件数が前年同期比3割増となり、主力商品で20~40代向けの保険料を引き下げた住友生命保険も4~6月期の契約件数が同8.8%増となった。一方、全世代平均で0.6%値上げした明治安田生命保険は前年同期をやや下回っている。

保険料の設定で明暗が分かれる中、朝日生命保険は銀行の窓口販売や来店型店舗など代理店向けに、保険料を従来より最大3割安くした医療保険を今月16日に発売。法人営業本部代理店事業ユニットの南貞行・新規事業戦略マネージャーは「売り手とお客さまの双方に満足してもらえる価格を意識した」と話す。

保健見直し

代理店に特化した商品設計や事務体制、契約管理システムを整え、契約手続きなどを簡略化したことで低コストの商品開発が可能になったという。同社は4年後をめどに、代理店向け商品の新規契約で年間換算の保険料収入を現在の4億5000万円から40億~50億円に引き上げたい考えだ。

 保険料は引き下げないものの、教育資金に充てる学資保険で「お得感」を打ち出したのは日本生命。0歳の子供がいる30歳男性の場合、18年間の保険の払い込み総額263万円に対して受取総額は300万円となり、返礼率(保険料に対する受取額の割合)は114%で業界最高水準という。学資保険には4月に参入したばかりだが、契約件数は2万5000件を超えた。

 imgres三井生命保険やソニー生命保険は米ドルや豪ドルなど、現状では円建てより利回りが高い外貨建ての保険商品を展開し、保険料の割安感をアピールする。実際、契約1件当たりの保険料は近年低下している。生命保険文化センターによると、2012年の1世帯当たり(2人以上)の年間保険料は民間生保計43社の平均で36.5万円と、03年より5.7%減少。1世帯当たりの加入件数はこの10年間は横ばいが続く中、「保険料が安い商品が増え、保険を見直す動きが進んでいる」(同センター)。

 保険商品の価格競争について、ムーディーズ・ジャパンの川田兼司シニア・アナリストは「企業の知名度やブランド力が弱まる中、経済性を強調して差別化する狙いがある」と指摘。生命保険協会会長の佐藤義雄会長(住友生命社長)は「消費者の志向が多様化し、商品やサービスが変化するのは当然で、柔軟な対応が不可欠だ」と語る。

 生保業界の「価格破壊」の波は、長期のデフレ不況を体験した消費者が、モノの値段と価値を見極めようとする厳しい目線が背景にある。ただ、保険料の引き下げは収益減に直結するため、販売増や新規事業の収益などで補えなければ、生保の経営が不安定になる恐れもあるだけに、激しい価格競争の中で、保障やサービスを安定的に提供できる体力づくりが欠かせない。

200912221259341700

iPhoneで料理の写真をおいしそうに見せるには? - iPhoneアプリ

買ったばかりのiPhoneではできることが限られています。そんなときはアプリの力を借りたいものです。とはいえ、どんなアプリを使えばわからないという方もいるはず。ここでは、あなたのお悩みを解決するiPhoneアプリを紹介します。今回のお題は「iPhoneで料理の写真をおいしそうに見せるには?」です。

***

FacebookやTwitterで、もっとも多く投稿されている写真は何を撮ったものだと思いますか?

……答えはずばり、”食べ物”です。

人間、生きていれば必ず食事はとりますし、さらにiPhoneがあればいつでも写真を撮ってシェアできるわけですから、結果としてSNSに食べ物の写真が多くなるのは必然ですよね。むしろSNSをやっていて食べ物の写真を一度も投稿したことがない人の方が稀なのではないでしょうか。

さて、ではあなたはそんな風に食べ物の写真をiPhoneで撮影するとき、どのアプリを使って撮影していますか?

標準のカメラアプリ――それでももちろん問題はありません。ですが、せっかくSNSでシェアするのであれば、少しでも美味しそうに撮れるカメラアプリを使ってみてはいかがでしょう。

食べ物を撮るためのカメラアプリは色々とリリースされていますが、最近注目しているのが「TakiDori-炊き撮り-」。とにかく操作が簡単で、ご飯が美味しそうに撮影でき、かつSNSへの投稿までアプリ内でサポートしてくれる便利なアプリなのです。

実際に標準のカメラアプリとどう違うのか、見てみましょう。

TakiDoriで撮影             標準のカメラアプリ

001     002

 

 

 

いかがでしょうか。同じ料理を同じタイミングで撮影したのですが、標準のカメラアプリとTakiDoriでは色がまったく違いますよね。現実に忠実なのは標準カメラアプリの方ですが、TakiDoriの方が色鮮やかでおいしそうに見えます。

これ、別に何か難しい作業をしているわけではなく、TakiDoriアプリで撮影しているだけです。

TakiDoriを起動するとすぐにカメラが起動する

003

 

 

 

 

 

 

ノーマルに切り替え。エフェクトが消えアプリを起動するとすぐにカメラが起動するので、画面中央下部のシャッターボタンをタップして撮影すればOK。その上にある「ノーマル」というボタンをタップすると、エフェクトがかかっていない状態での写真も撮影することができます。004

 

 

 

 

 

 

色温度の調整も行える

005

 

 

 

 

 

 

応用編として、左下の上下三角ボタンを押すことで、色温度の調整を行うこともできます。お店の照明などに影響を受けてしまうときに使える機能ですが、よくわからないという方はスルーしてしまって構いません。

なお、TakiDoriで撮影すると写真が正方形で撮影されます。iPhoneの写真は本来は長方形に撮れるのですが、最近はInstagramの影響もあってか正方形写真が増えているようです。

そのInstagramをはじめとする各種SNSには、右下の「シェア」ボタンから簡単に投稿が可能。いちいち別のアプリを起動してアルバムから写真を選んで……とやらなくていいのは便利ですね。

TakiDoriは”食べ物をおいしそうに撮る”ことに特化したアプリなので、他の機能は一切ついていません。ですが、それ故に操作がシンプルで、万人にオススメできるアプリなのです。

記事中のアプリをダウンロード

[ASP]から何を求める。より効果的なアフィリエイトの実践のために

Webサイトメールマガジンなどが企業サイトリンクを張り、閲覧者がそのリンクを経由して当該企業のサイトで会員登録したり商品を購入したりすると、リンクサイトの主催者に報酬が支払われるという広告手法。

仕組みとしては成果保証型広告と同じだが、アフィリエイトの場合には、その商品やサービスに関連した情報を掲載するWebサイトメールマガジンが主な対象となり、それらと電子商取引サイトの間のパートナーシップの側面が強調される。書籍の書評にオンライン書店へのリンクを張る場合などは、それ自体が一つのコンテンツとなるため、サイトと企業の双方に利益のあるマーケティングプログラムだと言われている。

企業にとっては、潜在的に商品に関心を持つ層に容易に到達できるというメリットがある。また、売上に応じて媒体側への支払い額が決まるため、ポータルサイトへのバナー掲載のように成果とは無関係に広告費が決まる他の手段に比べ、極めて費用対効果の高い広告手法と言える。

主要ASP

 

「ソーシャルアフィリエイトをコアに新しい個人ビジネスを切り拓く」
club「A-TRUST」の新たな取り組みと、ご入会いただいた際のメリットをご紹介する映像です。

ソニー、PC内のファイルを自動で暗号化してバックアップするSDカードを発売

20130719-00000042-mycomj-000-1-viewソニーは、PC内の指定したフォルダのデータを更新するたびに自動でバックアップするSDカード「SN-BA」シリーズを8月20日に発売すると発表した。同製品は付属ソフト「Real-time Backup Utility」とセットとなっており、ラインナップは容量16GBの「SN-BA16」、32GBの「SN-BA32」、64GBの「SN-BA64」の3種類。価格はオープンで、市場推定価格は、16GBが約3800円、32GBが約6500円、64GBが約1万4000となっている。

「SN-BA」シリーズはSDカードを活用してバックアップ作業の手間を省く製品で、PCに挿入しておくと、指定したフォルダー内のファイルを更新するたびに、自動でデータをバックアップする。バックアップ作業の進捗度はPCのファイルアイコン上に表示されるマークで確認できるようになっている。

また、最新の暗号化方式AES256bitを採用しており、データは暗号化した上でバックアップされるため、仕事上の重要なドキュメントなどにも利用できる。

現在、同製品の付属ソフト「Real-time Backup Utility」が公開されており、30日間限定で試用できる。これを手持ちのSDカードにダウンロードすることで「SN-BA」の使用感を確かめることができる。動作環境はWindows XP / Vista / 7 / 8。

iWatch発売、2014年後半まではムリ? 現在人員強化中

思ったより苦戦してる?


アップルの腕時計型デバイスiWatch、今年中発売…? って説はときどき流れています。一方、いやいやまだそんなこと言える段階じゃないよって説もあります。今回フィナンシャル・タイムズでは、後者の説を採る報道をしています。

20130717-00010003-giz-000-1-viewフィナンシャル・タイムズいわく、アップルはスマートウォッチ開発用にどんどん人員を増やしていて、現在「数十人」いるその人数は増え続けています(あれ、少し前に100人体制って出てたような…まあとにかくどんどん雇ってるってことで)。これまでアップルが作ってきたデバイスとは違うので、「エンジニアリング的に難しい問題があり、(既存の人員では)解決できていないのでは」と見られています。そして、プロジェクト自体が中止される可能性がまだあるとも言われています。

たしかにアップルではこれまでもいろんなプロジェクトを途中で却下してきました。それにある程度先進的なテクノロジー企業であれば、うまくいくかどうかわからない研究開発にも時間とお金をかけるのは普通のことです。なので、ある程度開発が進んでいるのが仮に事実であっても、いつかそれが商品としてみんなの手に入るようになるとは限らないんです。

さらにフィナンシャル・タイムズでは、仮にプロジェクトがうまく行ったとしても、iWatch発売は2014年後半までは難しいだろうとしています。もしそうなら、グーグルやサムスンやPebbleといった他社がそれまでのタイムラグを生かして何か手を打ってくるのかこないのか、興味深いところです。

h3_08

「Windows 8」と「XP」の代わりになり得る5つのOS

Microsoftは米国時間2014年4月8日に「Windows XP」のサポートを終了するが、多くの人は「Windows 8」には移行しようとしていない。実際、TechRepublicの調査によれば、XPの企業ユーザーは特にWindows 8への移行には消極的だ。では、2014年になったら、デスクトップで何を使えばいいのだろうか?この記事では、検討すべきだと私が考える、5つの選択肢を提案したい。

5.「Android」タブレット/Appleの「iPad」

unnamedst_xzu-08 タブレットを一部の作業のために使うことは十分に可能だが、情報を作る人にとってよりも、情報消費者にとっての方がはるかに使い出がある。従って、スプレッドシートでデータを見たり、ウェブで検索したり、電子メールを読んだりする作業であれば、タブレットは役に立つ。しかし、もしスプレッドシートに入力をしたり、ウェブページを作成したり、長めの電子メールや文書を書いたするタイプの人にとっては、このプラットフォームはすぐに煩わしいものとなる。

Bluetoothキーボードとマウスがあれば、そういった問題を解決することもできるが、タブレットにキーボードとマウスをつけたものは何と呼ぶべきだろうか?私はそれを、ラップトップコンピュータと呼んでいる。

iPadを本気で仕事に使っていた、ハードコアユーザーであるCharlie Sorrel記者が、「ゴリラ腕」を理由にギブアップしたことは、非常に多くのことを物語っていると思う。この病気は、iPadがSteve Jobs氏の構想に過ぎなかった以前から知られており、頻繁にタッチスクリーンに腕を伸ばすことで生じる。Sorrel氏がiPadを毎日1年以上使ってみた結果、キーボードがあってさえ、その作業は非常に苦痛で、「時にはとにかく終わらせたくて急いで記事を書いてしまうこともあった」という。

Jobs氏は彼にこのことを話しておいてもよかっただろう。実際、Jobs氏は2010年にこのことについて言及している。「われわれはこれについて、ユーザーテストを大量に行ったが、うまくいかないことが分かった。タッチ操作は、垂直の面には向かない。デモとしてはすばらしいが、しばらく経つと疲れはじめ、長時間経過すると、腕が疲れて落ちてしまう」

このように、望むならタブレットの持ち込みをサポートするのもいいが、PCの代わりになると考えるべきではない。それは無理だ。

4.「Mac」

promo_lead_mac_proWindowsユーザーはこんな話を聞きたくないということはわかっている。しかし、Macは十分にPCの代わりが務まる。Macでは、「Office for Mac」や「Outlook」などの、多くのMicrosoft Officeアプリケーションを動かすことができる。もちろん、それらのアプリケーションは最新バージョンではないが、どうしてもMicrosoftのアプリケーションが必要なら使えるわけだ。それに加え、「Parallels」などの仮想化ソフトウェアのおかげで、ネイティブのWindowsアプリケーションを動かすこともできる。

欠点はと言えば、これまでもそうだったとおり、Macは決して安くはないということだ。また、Macを使うと、さまざまなやり方を新たに覚え直す必要がある。とはいえ、Windowsから最新バージョンのMac OS XであるMountain Lionに移行する場合、たとえばXPからWindows 8のMetroに移行した場合よりも操作は簡単に覚えられる。

3.Linuxデスクトップ

images (1)ずっと以前から、Windowsよりもずっと安全性が高く、はるかに安定しており、ディストリビューションとデスクトップインターフェースの適切な組み合わせを選べるOSは何だろうか?実際、それの見た目や感触は、XPに似ている。答えは、Linuxデスクトップだ。特に、インターフェースに「Cinnamon」を使っている「Linux Mint」はXPにそっくりだ。

欠点は、WindowsアプリケーションをLinuxで動かすのは大変だと言うことだろう。しかしそれも、「Wine」と呼ばれるプログラムや、その商用版である「Crossover Linux」のおかげで、不可能ではない。さらに、Macの場合と同じように、Oracleの「VirtualBox」などを使って、Linux上で仮想的にWindowsを動かすこともできる。

しかし率直に言って、ほとんどのオフィス仕事については、「LibreOffice」と「Evolution」は、Windowsの同等のソフトウェアであるMicrosoft OfficeやOutlookよりも優れていると思う。

信じられないだろうか?一度試してみるといい。Mintはダウンロードすれば入手できるし、無料で使える。Linuxこそ、自分が使うべきOSだと悟るかもしれない。

2.「Chrome OS」

images (2)Googleは、ユーザーはWindowsやMac OS X、ほとんどのLinuxなどの、機能が多すぎるクライアントデスクトップをまったく必要としていないと考えている。むしろ、ユーザーに必要なのは、システムを動かせるだけのサイズのLinuxと、ウェブブラウザのChromeだけだという考えだ。Chrome OSを見てみれば、Googleは正しいかもしれないと思える。

私は古いPCでChrome OSを使っており、「Chromebook」を2年近く使っている。実際、Chrome OSはほとんどの目的には十分だ。さらにChrome OSは、安い250ドルのARMを使ったChromebookから、1299ドルの高速で、美しく、値段も高い「Chromebook Pixel」でも動かすことができる。

ひょっとすると、Chrome OSで一番優れている点は、Chromebookを使うのに、使い方を覚える必要がまったくないということかもしれない。ウェブブラウザさえ使えれば、Chromebookを使うことができる。

皆さんの組織に向いているかどうかはまた別だ。ゆっくり座って、自分や自分のスタッフが毎日どんなことをしているか、しっかり観察してみるといい。もし、仕事のほとんどが、「Google Docs」や「Gmail」のような、サービスとしてのソフトウェア(SaaS)でこなせることが分かるか、そう思うのであれば、Chrome OSは合理的な選択肢だろう。

1.「Windows 7」

ダウンロード (1)何を言っているんだと思った人もいるかもしれない。この記事がWindowsユーザーに別のOSを勧めるものであるからには、一番いい選択肢はWindows以外であるべきだと思ったに違いない。技術的に言えばLinuxの方が優れているし、総所有コスト(TCO)で言えば、Chrome OSに勝つのは難しい。しかし、読者がWindowsと離れられないのであれば、最善の、そしてもっとも自然な選択肢はWindows 7だ。

私は、他の選択肢についても、少なくとも検討だけはしてみるようにお勧めする。あなたの会社でも、他のOSが非常にうまく役立ち、驚くかもしれない。

また、長期的に言えば、Microsoftはユーザーに対して、Windows 8の「進化」の一部として、Metroスタイルのインターフェースへの切り替えを望んでいるということは念頭に置いておく必要がある。この考えを聞いてじんましんが起きるようなら、いまこそ代わりのものを探すべきタイミングかもしれない。

banner (2)

 

banner (1)